3月 4

手頃価格で安定して使えるWiMAX

WiMAXを使い始めて1年半経ちます。
以前は固定のNTTフレッツ光回線代、PCデポの無線LANレンタル代、そしてプロバイダ料金という状態で月額計8千円から9千円程かかっていました。

使用ツールとしては、ノートパソコン2台、スマホ1台、ガラケー2台、
タブレット2台、Wi-Fiプリンタです。だからインターネット使いたい、
Wi-Fiが便利という状況でしたので、家計の見直しを図りました。

目をつけたのはこれら通信に係わる経費です。友人に愚痴っていたら、WiMAXの存在を教えてもらいました。
持ち歩けるインターネット回線、Wi-Fi、台数制限なし、速度は3Gより
速く割りと快適に使え、2年縛りがあるということでした。

驚いたのは、月額4千円以下な上に1年経過後キャッシュバックがあるということです。早速、自宅がWiMAXのエリア内か確かめ、即決めました。NTTで解約料が発生しましたが、それでも今後9千円払い続けるより断然お得でしたので替えました。

WiMAXの設定は実に簡単です。ノートパソコン、タブレット、スマホ等のWi-Fi設定も簡単なのですぐに使えました。
固定回線の速度と比べると使い勝手はやや落ちますが、ストレスが
かかる程ではありません。

小さな子供以外家族がいないので、スマホを持っている私は常にWiMAXを持って歩いています。都内在住ではないので、少ないFREESPOTをわざわざ登録しなくてもやっていける環境です。

デパートなどの大きな建物や山や森となるとさすがに通じなくなりますが、それら繋がらない場所で状況的にネットをすることの方が少ないので不便はあまりありません。

ところで使用期間が1年経っているわけですが、もちろんキャッシュバックされました。万単位で戻ってきました。そろそろ2年経つ時期に来ているので、家計と通信の使い勝手の狭間でより良い選択ができるように考え始めています。

WiMAX2プラスというのも出始めていてエリア内でもありますが、
持っている友人に話を聞き、家に来て試させてもらいました。
どうやらうちではWiMAXの速度と何ら変わらなかったので
手頃価格で安定して使えるWiMAXを継続しそうです。

3月 4

Wi-Fi環境で家電機器と同期しより便利に

Wi-FiはiPhoneで写真や動画のアップロードやダウンロードを
行うときに主に使用しています。
携帯会社のLTE回線と違い、月の使用量による速度制限が
ないので非常に便利です。

電波がいい場所では、LTE回線よりも通信速度が早く、
そういった意味でも動画サイトの閲覧などに重宝しています。
また、家のデスクトップパソコンでインターネットを利用する際にも
Wi-Fiを使っています。

過去には有線LANを使用していたのですが、Wi-Fiに変えたところ、
パソコン以外にも、スマートフォンやプリンター、テレビなど、さまざまな家電との同期をすることができるようになり、活用の幅を広げることができました。

プリンターがWi-Fi対応の機種であったため、パソコンからの印刷は
もちろん、スマートフォンのアプリから直接プリンターに印刷データを
送信することが可能となり、スマートフォンで撮影した写真をすばやく
紙に印刷することができます。

ケーブルテレビのチューナーもWi-Fiに対応していたため、チューナー内蔵のYouTubeアプリとスマートフォン内のYouTubeアプリを同期することによって、スマートフォン内のYouTubeアプリで再生している動画をテレビの大画面でも見ることができるようになりました。

それまでは、テレビのYouTubeアプリで見たい動画を探すときは、
操作しづらいテレビのリモコンで検索ワードを打ち込んで検索していたので、目的の動画にたどり着くまでかなり時間を要していたのですが、チューナーとスマートフォンがWi-Fiで同期されることによって、
あっという間に見たい動画を見つけることができるようになりました。

3月 4

WiMAXは帰国時に、未使用月は支払い無し

1年弱前、結婚してすぐの頃、一時的に日本に住んでいた時に
WiMAXを使用していました。
夫は結婚前海外に住んでおり、その後4ヵ月後に一緒に海外へ
行くことが決まっていました。

夫は携帯を持っていませんでしたが、日本にいる間だけのために
新しく夫用の携帯電話を買いたくありませんでした。
夫が持っているipod touchで連絡を取れるようにと、移動式のものに
しようと話し合い、WiMAXを購入しました。

夫が家にいる時は私自身もパソコンを使ってインターネットを見たり、
メールを確認するのに使っていました。
夫は、主に私や仕事関係者とSNSを通して連絡をするために使っていました。

電話回線よりは電波は悪いですが、あまり問題なく使うことができていました。家では動画を見たりすることもありましたが、あまり動きがよくなく、スムーズに見ることができませんでした。

現在はハワイに住んでおり、1年前に購入したWiMAXではなく、
夫の留学先である、大学のWi-Fiを使用しています。

携帯電話は夫も私自身も持っていませんが、大学内と、大学に
付属する寮(私たちはここに住んでいます。)ではWi-Fiが自由に
使えるため、連絡に困ることは大学から外に出る時以外はあまりありません。動画も動きが悪い時はありますが、見ることができます。

また、日本にいる家族や友人ともSNSを通して連絡を取り合っています。1年前に購入したWiMAXは、まだ契約を解約しておらず、日本に帰国した時に使おうと思っています。
契約上、使用していない月はお金を払う必要がないので、便利です。

3月 4

Wi-Fiの利点は持ち運びが出来ること

つい2年前まで当方は完全にアナログ人間で、航空券やチケットの
予約は電話か店頭で行っておりましたし、調べ物は図書館、
情報源は新聞かラジオでした。

端末を購入するような余裕は我が家の経済状況では考えられず、
回線にいたっては、1ヶ月の利用料金が新聞の購読料金よりも
高いのが、とても贅沢に感じていたからです。

Wi-Fiは私の選択ではなく、家の者が同居前に契約していました。
家の者と同居するようになって、既にネット環境が整っていましたが、
当方は端末を持っていなかったので、利便性が分かりませんでした。

数ヵ月後に家の者が当方にipadを与えてくれ、それからネットの
勉強を始めました。
始めは料理のレシピや裁縫の手順などを検索するだけでしたが、
メールを使ってラジオ番組に投稿したり、カメラを使って写真を
撮って保存や編集が出来るようになりました。

アプリを取り込んで楽しめるようになった頃、持ち運びが出来るというWi-Fiの利点を生かせたのが、旅行です。

交通機関のルート検索や時刻表、テーマパークの待ち時間など、
Wi-Fiと端末をフル活用して楽しみました。
急な計画変更でも、目的地の情報や宿の確保など、それまで
頼り切っていたガイドブックが急に重く感じました。

高齢者世帯の帰省先にはネット環境がないので必ず持参し、
今住んでいる所の写真や情報を共有することも出来ますし、
今後親世帯が、体力的に買い物に行くことが不便になってきたら、
ネットスーパーを利用できるように指導出来たらいいなと
思っております。